Blog&column
ブログ・コラム

家を建てるなら建築基準法について知っておこう

query_builder 2021/12/01
コラム
29
建築基準法という言葉を聞いたことはありますか?
建築基準法は、家を建てるときやリフォームなどで必要になるルールです。
そこで今回は、建築基準法について詳しくご紹介します。

▼建築基準法とは
建築基準法は、人々の健康・命・財産を守り、安全に暮らすことを目的とした土地のルールです。
家づくりをするときは、消防法などのさまざまルールがありますが建築基準法については最低限守らなければならないことです。

▼建築基準法の対象
対象とされるのは、建築物・建築物の敷地・用途・設備・構造などです。
土地に建てられる建物の床面積・建築面積の上限・用途や規模などのルールが決められます。
着工前に建築確認申請をする建築確認、着工後の中間検査と完了検査も建築基準法によって定められています。

▼建築基準法のルール
■用途地域
地域の中に同じ用途の建物が混ざらないように定めたルールです。
例えば、同じ地域に同じ用途の建物ばかりが建つと、調和が取れなくなってしまいます。
用途地域を分類すると商業・工業・住居の3つにわけられます。
さらに13種類にわけて、建物の用途を細かく決めています。

■接道義務
建物を建てる際、敷地が2m以上道路に接さなければならないことをいいます。
ただ、自動車専用道路は対象外で公園や広場なども対象外になる場合があります。

▼まとめ
今回は、建築基準法についてご紹介しました。
自分の土地であっても、何でも自由にできるわけではないということを覚えておきましょう。

また当店は、家づくりのサポートをおこなっています。
家づくりでお悩みのことや決め方がわからない方は、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 新年のご挨拶

    query_builder 2022/01/05
  • 法人化

    query_builder 2021/06/25
  • 家の設計図は自分でも書いてみるべき?

    query_builder 2022/01/15
  • 最も良い住環境を構築するにはどうしたら良い?

    query_builder 2022/01/01
  • 快適な家の条件とは

    query_builder 2021/12/22

CATEGORY

ARCHIVE