Blog&column
ブログ・コラム

家を建てる際の工事の流れとは?詳しくご紹介

query_builder 2021/10/01
コラム
21
家を建てるときは、段階を踏んで工事を進めていきます。
では、どのような流れで工事は進むのでしょうか?
そこで今回は、家を建てる際の工事の流れについてご紹介します。

▼工事の流れについて
工事の流れは下記の段階で進みます。
流れは、
仮設工事→基礎工事→土台工事→建て方工事→仕上げ工事の順です。

▼仮設工事
仮設工事とは、建物をどこに配置するかを決めるための工事です。
地縄張りをして、建物の角に杭を設置していきます。

▼基礎工事
基礎工事で建物の土台を作ります。
土台がしっかりしていないと、家の耐久性に影響を与えます。

基礎工事をする際は、コンクリートを使用します。
コンクリートが濡れてしまうと強度が低くなってしまうので、雨が降っているときは基礎工事が中止される場合があります。
そのため、雨が降ると工期が延びてしまう可能性が高いです。

▼土台工事
基礎ができたら、木材や鉄などの柱を立てるための土台づくりをします。
土台づくりは、防腐処理とシロアリの処理に注意しなければなりません。
日本は湿気が多いので、どのような防腐処理がされているのか、また木材の劣化に繋がるシロアリ対策はどう施されているかを確認しましょう。

▼建て方工事
建て方工事では、柱と梁を作り屋根を付けます。
柱と梁は、接合部分がしっかりくっついていないと家のつくりに影響を与えてしまいます。

▼仕上げ工事
仕上げ工事では、屋根の施工をおこないます。
屋根の施工は特に防水処理が大切なので、どんな処理がされているか確認することをおすすめします。

▼まとめ
今回は、家を建てる際の工事の流れについてご紹介しました。
家を建てるのは、職人さんの仕事ですがある程度流れについて知っておいたほうが、失敗しない家づくりができますよ。

NEW

  • 法人化

    query_builder 2021/06/25
  • 家を建てるなら建築基準法について知っておこう

    query_builder 2021/12/01
  • 狭小住宅のメリットについてご紹介

    query_builder 2021/11/22
  • 狭小住宅を建てる際のポイントについてご紹介

    query_builder 2021/11/15
  • 家づくりの相談をするメリットについてご紹介

    query_builder 2021/11/08

CATEGORY

ARCHIVE