Blog&column
ブログ・コラム

狭い敷地を有効に活用する方法について

query_builder 2021/08/17
コラム
13
都心部に住宅は、利便性が高い分土地の値段も高いですよね。
そこで人気を集めているのが狭小住宅です。
狭小住宅とは、その名の通り狭い敷地に建てた家ですが、狭い家は使い勝手が悪そうですよね。
しかし、アイデア次第で十分暮らしやすい家にすることができます。
そこで今回は、狭い敷地を有効に活用する方法について解説していきます。

▼地下室やロフトを設ける
敷地の広さが限られている場合は、縦の空間を活用しましょう。
地下室やロフトなどを設ければ、他の間取りを変更しなくても部屋数を増やすことができます。
また使用用途も豊富で、収納スペースや趣味部屋、子どもの勉強スペースなど必要に応じて使い道を変えることもできます。

▼できるだけ仕切りをなくす
狭小住宅は圧迫感が出やすいので、できる限り仕切りをなくすのがおすすめです。
部屋同士の壁をなくすことで開放感が生まれ、狭さを感じさせない空間にすることができます。
とくに人気なのが、1階と2階の間に空間を作るスキップフロアで、間に空間を作ることでその段差が区切りの役割を果たしてくれるのです。

▼デットスペースを活用する
狭小住宅はいかにデットスペースをなくすかが大切です。
意外と見落としがちなのが階段の下部分です。
わずかなスペースに感じますが、階段の下にちょっとした収納スペースを確保すれば他の場所を広く使うことができるでしょう。

▼まとめ
最近は狭い敷地に家を建てる人が増えていますが、上手く空間を活用して暮らしやすい家にしてみてください。
弊社は空間を有効的に使った家づくりを得意としているので、狭い敷地を有効に使いたい方は気軽にご相談ください。

NEW

  • 新年のご挨拶

    query_builder 2022/01/05
  • 法人化

    query_builder 2021/06/25
  • 家の設計図は自分でも書いてみるべき?

    query_builder 2022/01/15
  • 最も良い住環境を構築するにはどうしたら良い?

    query_builder 2022/01/01
  • 快適な家の条件とは

    query_builder 2021/12/22

CATEGORY

ARCHIVE